学校関係者の皆様へ

映画に登場いただいたお一人、池本さんは高校の先生をされ、校長先生まで務められた方です。

 

映画スタッフが撮影の許可をいただきにあがった際、「私で役に立つのであれば」と快諾いただきました。

映画に出演いただいたホスピス医細井順先生は、「この映画は池本さんから託されたもの」とおっしゃられています。池本さんに託されたメッセージ、「受けつがれる『いのち』」について、若い世代の方々へ広く伝えていければと願っています。

 

全国の学校関係者の皆様、ぜひ映画の上映をご検討ください。お問い合わせお待ちしております!


推薦のお言葉

日野原重明さま(聖路加国際病院理事長) 

「私は今まで、こんなに心の底から感動したドキュメンタリー作品は見たことがありません。普通に考えれば、死は当人にとっても、愛する家族や友人にとっても、最も悲しい場面であるはずです。でも、その死こそが『いのちがいちばん輝く日』なのだと、この映画は伝えています。」

朝日新聞be 2013年3月30日掲載(抜粋)―

 


教育機関での主な上映会

・新潟青陵大学(新潟)

・滋賀県立八幡商業高等学校(滋賀)

・大阪府立八尾高等学校(大阪)

・近江八幡市立看護専門学校(滋賀)

・関西学院大学(兵庫)

・京都光華女子大学(京都)

・奈良県立医科大学(奈良)

・愛媛県立医療技術大学(愛媛)

・宇部フロンティア大学(山口)

・ノートルダム清心女子大学(岡山)

・守山北高等学校(滋賀)(予定)

 

高校生の映画感想文から

●生きる意味を再度考えさせられた。人のために生きたいと思う。

 

命は一時、一時大切にしなければならないと思った。

 

ひとりひとりが亡くなる瞬間はつらいものだと思った。

 

ぼくのおばあちゃんもがんで亡くなりました。最後の病院のベッドで「自分を大切にしーや」と言ってくれました。その言葉の後、おばあちゃんは亡くなりましたが、僕はその姿を見れていません。朝起きるとおばあちゃんのいない世界になっていました。本当に辛かったです。もっと生きているときにありがとうを伝えたら良かったです。

 

自分が生きている今というものは、当たり前ではないということを改めて考えさせられた。

 

人に気持ちを伝えることの大切さを学んだ。

 

人の死に至るまでを目の当たりにしてすごく感動し、切なくなった。

 

いつ消えるか分からない自分の人生を必死で生きようと思った。

 

人生の終焉について、また自分について深く考えさせられた。

 

患者さんが、友達が見舞いにきてくれたことで笑顔になったり、孫を初めて見て喜んでいる姿を見て、人とのつながりは大切なものであると改めて気づかされた。

 

医者になりたいとは思わないが、人の幸せを見守ることはすばらしいこと。

 

学校での上映会向けチラシ

 

こちらからダウンロードできます。

 

ダウンロード
自主上映会チラシ_学校向け.pdf
PDFファイル 241.1 KB


ご不明な点は上映委員会までお気軽にお問合せください。

 

「いのちがいちばん輝く日」上映委員会

事務局:株式会社ディンギーズ(担当:藤原)

〒573-1134 大阪府枚方市養父丘1-11-9

TEL/FAX:072-396-0729

E-mail:jyo-ei@dinghies.jp

 

お問合せフォームはこちら。


新しい情報はこちらでもご覧頂けます!(フェイスブック)

【上映実施都道府県】

(2016年9月現在)



「いのちがいちばん輝く日」上映委員会

株式会社ディンギーズ

〒573-1134 大阪府枚方市養父丘1-11-9

tel/fax:072-396-0729